一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
長倉洋海さんゲストレクチャーのご案内
改めまして、ゲストレクチャーのご案内です。

公開ゲストレクチャー
長倉洋海さんに聞く
「私が撮るということ」

世界各地の紛争地に生きる人々や、アマゾンなどの“辺境”に暮らす人々を主に撮影してきた、長倉洋海さん。アフガニスタン抵抗運動の指導者マスードや、エルサルバドルの難民キャンプの少女へスースを、長いスパンで撮影し続けていることでも知られています。戦争の表層を超えて、そこに生きる人々そのものを捉えようとする長倉さんの真摯なまなざしは、私たちの心にまっすぐに伝わり、多くのことを感じ、考えさせてくれます。今年、写真家30周年を記念して写真集『地を駆ける』を出版、現在キャノンギャラリーSにて写真展「シルクロード-人間の貌」を開催中の長倉さんに、「写真との出会い、人や土地とのめぐり逢い、どのように撮っているか」などを、DVDの映像を交えてお話いただきます。

長倉洋海オフィシャルサイト http://www.h-nagakura.net/

■日時 11月30日(月)午後7時から9時
■場所 ハート&カラー 東京都港区南青山3-5-1 南青山O&Kビル4F
     Tel 03-5474-7810 地図
■参加費 1,000円 (当日会場にて)
■定 員  30名
■コーディネーター 松本路子

■申し込み方法  完全予約制(先着順)
お名前とご連絡先(電話番号、メールアドレスをお持ちの方はアドレス)をご記入の上、メールまたはお電話にて下記事務局までご連絡ください。

メールアドレス:hikaritabaneru★yahoo.co.jp (←★を@に変えてください)
電話連絡先:080-5545-2307(担当:岩波)
*当日の場合はお電話で予約、お問い合わせください。

公開レクチャーとなりますのでどなたも参加可能です。
ご参加お待ちしております。(岩波)

☆特別オプショナル企画「英語で写真」English for photographers
初級編 「海外での撮影に役立つ会話・用語集」も参加者募集中です。

[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-11-25 01:11 | ・ゲストレクチャー
<< 心に響く2時間 ゲストレクチャーに長倉洋海さん... >>


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
カテゴリ
・募集案内
・ワークショップレポート
・フォトギャラリー
・ゲストレクチャー
・オプショナル企画
・写真展
・写真集、本
・その他
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.