一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
今期のゲストは『風の旅人』編集長 佐伯剛さん
『風の旅人』編集長佐伯剛さんに聞く
写真 これからの予感


12月の写真ワークショップ〈光を束ねる〉はゲストを招いてお話しを伺う公開ゲストレクチャーを開催しています。

雑誌『風の旅人』が休刊してほぼ1年。編集長の佐伯剛さんは、自らかぜたび舎を立ち上げ、今年12月1日に『風の旅人』を復刊いたしました。
毎回提示されるテーマや、写真の扱いに目を見張らされることが多いこの雑誌が、今という時代に新たに出版されることの意味は、大変大きいと思います。
写真家松本路子をナビゲーターに、佐伯剛さんが編集者としてどのように写真を見ているか、雑誌で何をどう伝えたいのか、現在の出版事情も含めて、さまざまな思いを語ってくださいます。

公開レクチャーとなりますのでワークショップメンバーだけでなく、一般の方もご参加を受付ております。お気軽にご連絡ください。(事務局)

●日 時: 12月16日(日) 午後2時~4時  受付 午後1時半より

●場 所: 東京都写真美術館  1階創作室(アトリエ) 
http://www.syabi.com/

●参加費: 1,000円(当日受付にて)

●申 込: 参加ご希望の方は事務局の岩波まで
      メールまたは電話にてお名前、連絡先をお知らせください。
・メール:hikari☆tabaneru.com ←☆は@に変えてご連絡ください。
・電 話:080-5545-2307





『風の旅人』編集長佐伯剛さんに聞く
写真 これからの予感


●日 時: 12月16日(日) 午後2時~4時  受付 午後1時半より

●場 所: 東京都写真美術館  1階創作室(アトリエ) 
        
●参加費: 1,000円(当日受付にて)

●募集定員: 40名(申し込み順)

●コーディネーター: 松本路子

●申し込み方法: 予約制 (定員になり次第締め切らせていただきます)

参加ご希望の方は、お名前とご連絡先(電話番号、連絡のつくメールアドレス)を添えて、メールまたは電話にて下記までお申し込みください。
・メール:hikari☆tabaneru.com ←☆は@に変えてご連絡ください。
・電 話 :080-5545-2307

■佐伯剛さん プロフィール                                                   
1962年 兵庫県明石市に生まれる。20歳で大学を中退し、ヨーロッパ、中近東、北アフリカを放浪。1992年(株)ユーラシア旅行社入社。2003年4月『風の旅人』を創刊し、2011年10月まで編集長。2012年7月、休刊していた『風の旅人』復刊のため ㈱かぜたび舎を設立。12月1日に「修羅」をテーマとする復刊第1号を発刊した。
●かぜたび舎サイト http://www.kazetabi.jp/
[PR]
by hikari_tabaneru | 2012-12-06 19:03 | ・ゲストレクチャー
<< 満席御礼 秋の撮影散歩 ござれ市 >>


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
カテゴリ
・募集案内
・ワークショップレポート
・フォトギャラリー
・ゲストレクチャー
・オプショナル企画
・写真展
・写真集、本
・その他
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.