一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
「IZU PHOTO MUSEUM への旅」
8月のワークショップは夏休みですが、松本路子と行く夏休みバス旅行「IZU PHOTO MUSEUM への旅」をオプショナルで企画しました。

開催は8月31日土曜日、夏休み最後の週末とあって少々渋滞しましたが通常ですと車で新宿から約2時間位の距離、総勢15名、朝9時新宿を出発して「IZU PHOTO MUSEUM」のあるクレマチスの丘へ向かいました。

9月29日まで「IZU PHOTO MUSEUM」では写真をめぐる「ふたたびの出会い」というテーマでこれまでに開催した展覧会の出品作品を中心にコレクション展が開催されています。当日は学芸員の永原さんにギャラリートークをしていただきました。
まず、お話を聞く前に写真を鑑賞し、お話を聞いてから見てみると写真の見え方もより深みを増して、写真の違う面が見えてきます。

以下当日参加者の写真や感想の一部をご紹介します。
f0085757_18461166.jpg

・緑に囲まれた写真美術館で心地よく、周囲を散策してリラックス出来る場所でした。杉本博さんの建物、しつらえも素晴らしかったです。

・お話を聞いて隠れていた写真の意図やストーリーを知ると写真が厚みを増して記憶にや感覚的に残るように思いました。

・コレクション展ということでいろいろな作品と出会うことができて面白かったです。気になる作家の方をより知りたくなりました。

・髪の毛とともに残された写真はより感覚的で、生きている、命を刻むという『時の実感』が伝わり心を動かされました。

・そういうことだったのか~とお話を伺うと目からウロコが落ちるような感じで、知識があったり、バックグラウンドを知ると写真がより楽しめました。知識の大切さもわかり、勉強になりました。

・さらにそれぞれの作家の他の作品や周辺のストーリーが知りたくなりました。テーマやコンセプトも違ういろいろな作品があり、自分のテーマを見つめるいい機会になりました。

・自然を堪能しながら自然の印象とともに、写真の記憶が残るなんて素敵ですね。

f0085757_18464461.jpg
photograph by Noriko Takahashi

・昼食は地元の新鮮な野菜や魚介を使ったサラダやピザ。この「しらすとオクラのピザ」美味しかったです!

f0085757_1882262.jpg
photograph by Ayami Akazaki

・夏の終わりでしたがクレマチスの二番花が楽しめました。

クレマチスの丘は美術館や庭園、それにセレクト雑貨や書籍などの販売もあり、1日楽しめる場所です。

永原さんはじめスタッフの皆さんにお世話になりました。ありがとうございました。

「IZU PHOTO MUSEUM」
http://www.izuphoto-museum.jp/
「クレマチスの丘」
http://www.clematis-no-oka.co.jp/main.php
[PR]
by hikari_tabaneru | 2013-09-15 20:02 | ・オプショナル企画
<< 2013年 9月のフォトギャラリー 2013年 7月のフォトギャラ... >>


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.