一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
新居康子さんの作品展
ワークショップに参加している新居康子さんの本格的な作家デビューとなる作品展が下記の日程で開催されます。

日時:2007年9月27日(木)~10月28日(日)
   10時~20時(最終日は17時まで)会期中無休
場所:GALLERY 21 (ギャラリー ヴァンテアン)
http://www.klee.co.jp/works/exhibition/g21/index.html
    ホテル グランパシフィック メリディアン 3F 
    東京都港区台場2-6-1
    ゆりかもめ台場駅下車正面
    TEL : 03-5500-6711
内容:「閃光 Luminous」
    カラー作品45点
    入場無料
f0085757_4117.jpg

f0085757_3544481.jpg
(C)Photographed by Yasuko Nii / View

光の軌跡によって描かれる世界は内面の深い心象を写すようでもあり、時に見知らぬ宇宙の映像のようです。
「いつか壁いっぱいに広がるような大きな作品にして見てみたい…」と話をしていたことが回廊型のギャラリーに実現します。
皆さま、是非会場に足をお運びください!(岩波)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2007-09-29 04:32 | ・写真展
<< 10月のワークショップ 暗室実習 >>


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.