一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
カテゴリ:・フォトギャラリー( 49 )
9月のフォトギャラリー
9月のワークショップでセレクションした写真より、清水千景さんの作品
f0085757_17461440.jpg

f0085757_17463426.jpg

f0085757_17465222.jpg

photograph by Chikage Shimizu
[PR]
by hikari_tabaneru | 2010-09-12 17:48 | ・フォトギャラリー
7月のフォトギャラリー
7月のワークショップでセレクションした写真より、木村理絵さんの作品

f0085757_1830137.jpg
A spring day Ⅰ

f0085757_18302768.jpg
A spring day Ⅱ

f0085757_18303865.jpg
A spring day Ⅲ

photograph by Rie Kimura

桜の散るころ、ふらり出かけた散歩道で出会った光景です。
なにかを訴えかけてくる風景や被写体に、ぞくぞくわくわくしながらシャッターを押しました。(木村)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2010-07-16 18:42 | ・フォトギャラリー
2010-6月のフォトギャラリー
6月はセレクションの1回目です。
セレクションした写真より、田辺艶子さんの作品。

f0085757_19212825.jpg

f0085757_19233859.jpg

photograph by Tsuyako Tanabe
[PR]
by hikari_tabaneru | 2010-06-15 19:28 | ・フォトギャラリー
11月のフォトギャラリー
11月のワークショップでセレクションした中から、
安納令奈さんの作品
f0085757_18244063.jpg
f0085757_1824506.jpg
f0085757_1825342.jpg
f0085757_18252461.jpg
photograph by Reina Anno

カメラの電源の入れ方、シャッターの位置も知らなかった私が
ご縁あって松本先生のワークショップでお世話になるようになって、
早半年余。
心が動いた刹那を切り取る、切り取ったものの中から選ぶ、という
シンプルな行為。それと、ワークショップを通して伝えられる
先生のことばから、自分が長らく蓋をしていたもの、
コーティングして防備していた何かが
柔らかく、ほろほろとほどけていくように感じています。
あたかも、癒し、束縛をほどくセラピー効果のような。

いったい何が姿を現すのでしょう。
それを楽しみに、拙くとも、荒削りでも、
いずこから誘うしらべに身を委ねて、
シャッターを押し続けてみたいと思います。
(安納)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-11-10 18:28 | ・フォトギャラリー
10月のフォトギャラリー
10月のワークショップでセレクションした中から、
丹 美和子さんの作品
f0085757_18582136.jpg
f0085757_18583585.jpg
f0085757_18584242.jpg

photograph by Miwako Tan
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-10-13 19:01 | ・フォトギャラリー
それぞれの小石川植物園
先月行なったオプショナル企画 『撮影散歩 小石川植物園』に参加した方の写真を紹介します。
同じ時間に同じ場所から撮り始めましたが、出来上がった写真を見るとまったく別の世界が現れていて、改めて世界は人の数だけ存在すると写真が教えてくれます。なるほど、同じものを見ているようで、私たちは違う世界にいるのですね。だからこそ、表現する必要があり、共感したり、新しい発見をしたりして世界が広がっていくのだと今更ながら気がつくのでした。(岩波)




















[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-09-28 02:55 | ・フォトギャラリー
7月のフォトギャラリー 
7月のワークショップでセレクションした中から
比留間 慶治さんの作品


f0085757_1745734.jpgf0085757_1751049.jpg














f0085757_1755147.jpgf0085757_1761284.jpg














f0085757_165646100.jpgphotograph by Keiji Hiruma











休日にぶらぶらしながら、感じるままにシャッターを押しています。
「自分がとりたい写真」を自由な気持ちで撮るように心掛けおり、気持ちをこめてシャッターを押したときは、なんともいえない満足感があります。
普段は、「フィルムカメラ」と「デジタルカメラ」の両方を使っていますが、ワークショップでは、「フィルムカメラ」で撮った「やわらかい写真」でポートフォリオをまとめていきたいです。(比留間)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-07-11 17:18 | ・フォトギャラリー
6月のフォトギャラリー
6月のワークショップでセレクションした中から
赤崎綾美さんの作品
f0085757_19234691.jpg
f0085757_192402.jpg
f0085757_19241297.jpg

photograph by Ayami Akazaki
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-06-05 19:25 | ・フォトギャラリー
1月のフォトギャラリー
今期参加の安野泰子さん、1月のワークショップでセレクションした中から
f0085757_23193245.jpg
f0085757_23195357.jpg
photograph by Taiko Yasuno
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-01-26 23:25 | ・フォトギャラリー
11月のフォトギャラリー
昨年GALLERY21(ギャラリー ヴァンテアン)で作品展を行なった新居康子さん。11月のワークショップでセレクションした作品の中から。

f0085757_23202160.jpg
f0085757_23204235.jpg
f0085757_23211919.jpg
photograph by Yasuko Nii
[PR]
by hikari_tabaneru | 2008-11-18 23:36 | ・フォトギャラリー


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.