一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
カテゴリ:・写真展( 27 )
長倉洋海 写真展「北の島、南の島」
写真ワークショップ〈光を束ねる〉のゲストレクチャーにもいらしていただいたことのある長倉洋海さんの写真展が新宿コニカミノルタプラザで開催されています。この写真展に行ってきました。

北の島と南の島の生活を捉えた写真から、地球というサイズを感じながら見ることができ、自然に添いながらそこに生きる人の生命力、美しさ、生きるために大切なこと、地球から失われつつあるものが写っています。

そして生きる喜びって何だろう。幸せな生活と楽な生活。
地球の資源を大量消費する都市生活者の一人でもある私は何ができるのだろう?写真展を見た後で、色々考えさせられます。
まずは、この写真展を多くの方に見てもらえたら・・・とブログを書くことにしました。
そして何より、長倉さんの撮るこどもの写真はいつもキラキラと輝いて、元気づけられます。
是非足をお運びください。(岩波)

f0085757_2212284.jpg

会期:7月1日(金)~7月20日(水)まで
会場:コニカミノルタプラザ
住所:東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F
開館時間:10:30~19:00(最終日は15:00まで)
休館日:年中無休 入場料:無料
[PR]
by hikari_tabaneru | 2011-07-11 02:46 | ・写真展
ニキ・ド・サンファル版画と 松本路子 写真展
松本路子写真展のお知らせです。今回はフランスの造形作家ニキ・ド・サンファル生誕80周年を記念して、松本路子がヨーロッパ各地で撮影したニキ・ド・サンファルのポートレイト作品 約20点と、ニキ・ド・サンファルの代表的な版画 ( 松本路子コレクションから) 6点が展示されます。

ニキ・ド・ンファル版画と本路子写真展
「The Witches Tea Party ~ニキ・ド・サンファルとの宴」


会期:2010 年 5 月11 日 [火]~ 22 日 [土] 
    12:00-19:00 *会期中無休

会場:ギャラリー ときの忘れもの
   107-0062東京都港区南青山3-3-3 青山Cube 1階
   TEL 03-3470-2631 FAX 03-3401-1604
   
5 月15 日(土) 17 時より、松本路子によるギャラリートークを開催します。参加費1,000 円 (※要予約・電話またはメールにて、お申し込み受付)
f0085757_638388.jpg
*写真はDMより

女性として、表現者として魅力とパワーを持つニキ・ド・サンファル。ニキの貴重な版画作品と、作家の濃厚な時間が写されたポートレイトの両方を堪能できる贅沢な展示です。是非足をお運びください。(岩波)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2010-04-28 19:50 | ・写真展
ハービー・山口写真展「PORTRAITS of HOPE」~この一瞬を永遠に~
今、ハービー・山口さんの写真展が川崎市民ミュージアムで行われています。ハービーさんは写真ワークショップ〈光を束ねる〉のゲストレクチャーにも来て頂きました。引き込まれるお話、心に深く残るスライドショーは忘れられません。
未発表作品を含む写真約240点の大規模な展示です。8月16日まで、お見逃しなく!

ワークショップのメンバー鈴木ゆりあさんが展示を見た感想を送ってくれました。(岩波)

『幾つかのシリーズがある中でも一番私の心に残ったのは、人々の何気ない日常を捉えたシリーズでした。初対面の方(まして道行く一般の人々)とカメラを通してこんなに自然に向き合ってらっしゃるということにも驚きましたが、何より写真の中の光が印象的でした。
 「私も前にこうした陽に包まれたことがあるなぁ」と、モノクロ写真の白と黒が黄色やオレンジの温かいものに感じられて、心の中もだんだんとホカホカしてきました。写された時間は、自分の想い出ではないはずなのに、まるでそうであるかのように懐かしくなったり、微笑ましくなったり、ホロリときたり・・・。そうして会場を進むにつれて、感情がゆっくりと変化していくことがとても心地よい写真展でした。』(鈴木ゆりあ)

日 時:2009年6月20日(土)~8月16日(日)
会 場:川崎市市民ミュージアム 神奈川県川崎市中原区等々力1-2
TEL :044-754-4500
http://www.kawasaki-museum.jp/
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-07-28 18:01 | ・写真展
奥村恵子写真展 花束~from my garden
写真ワークショップ〈光を束ねる〉に参加して今期で4年目を迎える奥村恵子さんの作品展が下記の日程で行なわれます。
自宅の庭で育てているハーブやお花にじっくり向き合って撮られた写真は、生命力や美しさが奥村さん独自の視点で切りとられています。(岩波)

奥村恵子写真展 花束~from my garden
会期:2009年6月23日(火)~28日(日)
時間:12:00~19:00(最終日16:00まで)
場所:ギャラリー・インスパイア/東京都豊島区西池袋2-29-8-1F
    http://gallery-inspire.com/index.html

f0085757_3204057.jpg
DMより
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-06-14 03:20 | ・写真展
「刻の余韻」 イワナミクミコ作品展
写真ワークショップ<光を束ねる>の企画、運営をして下さっています、
岩波久美子さんの作品展が以下の予定で開催されます。

岩波さんは松本路子のプロデュースする写真作家のひとりで、作家名を
イワナミクミコとしております。
展覧会のご高覧、および、アーティストトークへのご参加を
よろしくお願い申しあげます。(松本路子)

■日時:3月4日(水)~3月10日(火)会期中無休
    12:00~20:00(最終日17:00まで)
■場所:ゆうど 新宿区下落合3-20-21(最寄駅はJR山手線目白駅)
■アーティストトーク:イワナミクミコ×松本路子
3月7日(土)17:00~18:00 参加費500円

□参加ご希望の方は下記メールアドレスまでご予約ください。
tokinoyoin@gmail.com
f0085757_129366.jpg
f0085757_1295098.jpg

*「ゆうど」は昭和初期に建てられた目白の古民家です。
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-02-21 13:03 | ・写真展
鈴木ゆりあ写真展「TRAFFICAL ZONE」
写真ワークショップ〈光を束ねる〉で5年にわたり制作を続けてきた鈴木ゆりあさんの写真展「TRAFFICAL ZONE」が下記のように開催されます。
20歳で、企画ギャラリーでの作家デヴューです。

日時:2009年2月17日(火)~3月29日(日)
    10:00~20:00時(会期中無休)
場所:GALLERY 21 (ギャラリー ヴァンテアン)
ホテル グランパシフィック LE DAIBA 3F 
東京都港区台場2-6-1
ゆりかもめ台場駅下車正面
TEL : 03-5500-6711
f0085757_111713.jpg

f0085757_122786.jpg

DMより

私たちが見過ごしてしまう路上の物たちを鈴木ゆりあさん独特の視点で見ると、異次元世界のようでもあり近未来の映像のようでもあり、ドキドキする。是非、回廊に広がる作品をお見逃しなく。(岩波)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2009-02-09 00:41 | ・写真展
Gallery 21 写真展
お台場のメリディアンホテルにある回廊ギャラリー「Gallery 21」(ギャラリー・ヴァンティアン)にて、10周年記念シリーズの写真展が始まります。10年間の写真展の中から、何人かの作家の作品を集め、キューレター・チョイスとしてシリーズで展開。松本路子の作品は4月15日からの第1回目「彼女たちの視線」展と、第3回「パリのエスプリ」展に出品されます。

「彼女たちの視線」

4月15日(火)~5月25日(日)

「瞑想する刻 ~パリ、サンクトペテルブルグ~」と題して、不燃布にプリントした巨大作品2点, 20×24インチプリント10点の計12点を出品いたします。興味おありの方はぜひご覧ください。場所はゆりかもめ台場駅正面のホテル3階です。

f0085757_20515252.jpg

詳細はwww.klee.co.jp/art/g21/release/release_10thaniv_1st.pdf のプレスリリースにてどうぞ。(松本路子写真事務所)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2008-04-16 21:02 | ・写真展
ハービー山口さん写真展
友人の写真家ハービー山口さんの写真展が2月1日より3月29日まで、開かれます。場所は Art Photo Site Gallery が名前を変えて BLITZ GALLERY となった、写真専門のギャラリーです。「あの美しかった冬の光」と題し、ルクセンブルグの写真が展示されるそうです。
詳細はwww.artphoto-site.com の、「ショップ&ギャラリー情報」にてご覧ください。なお、このサイトは、都内の写真展の案内情報が充実していますので、興味ある方は、定期的にご覧になる事をお勧めいたします。
(松本路子)

f0085757_20124566.jpg

(C)PHOTOGRAPH  BY HERBIE YAMAGUCHI (アート・フォト・サイトより)

ハービー山口さんは写真ワークショップ〈光を束ねる〉のゲストレクチャーにも来ていただきました。(岩波)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2008-02-02 21:06 | ・写真展
東松照明展「Tokyo曼荼羅」
ワークショップメンバーの木村理絵さんから東松照明展の感想が届いたので紹介いたします。
「東松照明さんの展示を観てきました。そこには今まで見たことのない日本がありました。
知っていると思っていた昭和の出来事が、東松照明さんのフィルターを通ると全く知らなかった世界として映し出されていました。タイトルの付け方にも絶妙なセンスがうかがえてとても勉強になり、迫力のある作品にかなり刺激されました。」

以前、エムズワークショップでのゲストレクチャーで東松さんのお話をうかがったことがあり、その時の東松さんの優しい眼差しと写真に向き合う真摯な姿勢がとても印象に残っています。展示は12月16日まで、お見逃しなく!(岩波)

東松照明『Tokyo曼陀羅』
2007年10月27日~2007年12月16日
会場:東京都写真美術館
休館日:毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
[PR]
by hikari_tabaneru | 2007-11-19 18:05 | ・写真展
新居康子写真展 見ました!見ました?
事務局へも新居康子さんの写真展「閃光」を見た感想が寄せられてきました。ありがとうございます。いくつか紹介いたします。

・植物だったり、毛糸だったり、宇宙だったり、虫だったり、と花火がこんな見え方をするのかと改めて驚きました。大きい作品があって、又違う雰囲気になりますね。
私ももっと撮りたい!と思いました。
・会場の雰囲気と写真がマッチして何回もぐるぐると回って見てしまいました。でも何回見ても飽きません。
・光が生命を持って生きているみたい。見ていて写真を撮りたくなりました。

約1ヶ月という展示期間もそろそろ終盤を迎えました。
まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。
この時、この場所の展示をお見逃しなく!
新居康子写真展「閃光 Luminous」は
28日が最終日
作品は購入可能です。
詳しくはGALLERY 21 にお問い合わせください。

●展示詳細
日時:2007年9月27日(木)~10月28日(日)
   10時~20時(最終日は17時まで)会期中無休
場所:GALLERY 21 (ギャラリー ヴァンテアン)
http://www.klee.co.jp/blog/depeche/gallery_21/
    ホテル グランパシフィック メリディアン 3F 
    東京都港区台場2-6-1
    ゆりかもめ台場駅下車正面
    TEL : 03-5500-6711
内容 :カラー作品45点
    入場無料
[PR]
by hikari_tabaneru | 2007-10-22 03:02 | ・写真展


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.