一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ZEIT-FOTO SALON 鈴木利佳さんに聞く
12月9日に行いましたオプショナル企画、
ZEIT-FOTO SALON 鈴木利佳さんに聞く
~作品と作家をめぐって~
写真ギャラリーの仕事


のご報告。

錚々たる写真家の作品が壁一面に広がるZEIT-FOTO SALONの石原悦郎追悼展。
写真好きにはたまらない空間でマネージングディレクター鈴木利佳さんにギャラリーのお仕事、石原氏の仕事、果たした役割や展示作品の解説など多岐に渡りお話をうかがいました。

f0085757_10485570.jpg
f0085757_10495218.jpg
f0085757_10514457.jpg
撮影/芹沢美緒

参加者の感想より一部抜粋したものをご案内します。

●日本の写真リーディングの現状を知ることができました。

●石原さんが若い作家達をサポートし続けていた話が印象深かったです。沢山の良い写真作品が残っているとのこと、今後別の形で展示される日を心待ちにしています。

●石原さんの魅力的な人間性やギャラリーの仕事、プリントの歴史など興味が湧きました。

●「ストレートフォト、テイクフォトでメイクフォトではない」という言葉が心に残りました。

●写真だけでなく、「生き方」について深く感じる機会となりました。

●残る写真家とそうでない人との違いは?の問に「継続力」とお答えいただき、この言葉が印象に残りました。

感想を寄せてくださった皆様ありがとうございました。鈴木利佳さん貴重なお話ありがとうございました。

写真ワークショップ〈光を束ねる〉事務局
[PR]
by hikari_tabaneru | 2016-12-14 12:07 | ・オプショナル企画
写真ギャラリーの仕事
ワークショップのオプショナル企画

~作品と作家をめぐって~
写真ギャラリーの仕事


現在 ZEIT-FOTO SALONでは、オーナー・ディレクター 石原悦郎氏の追悼展 “Le bal”Part3 が行われています。
日本における写真ギャラリーの先駆者として、また多くの写真作家を育てたと言われる石原氏。ご一緒に仕事をしてきた鈴木利佳さんに写真ギャラリーの仕事、石原氏の仕事、そこに行き交う作家や作品の魅力についてお話を伺います。 

この回は公開企画としており、どなたでもご参加いただけます。ご興味のある方はぜひ、ご参加ください。

日 時: 12月9日(金) 19:00~20:30 (18:45より受付)
場 所: ZEIT-FOTO SALONにて
    中央区京橋3—5—3京栄ビル1F

●参加費: 一般1,500 円
     今期ワークショップ参加者1,000 円 (当日受付にて)
●募集定員: 20 名(申込順)
●コーディネーター: 松本路子

■申込方法:予約制 
お名前とご連絡先(電話番号、連絡のつくメールアドレス)を添えて、メールまたは電話にて写真ワークショップ〈光を束ねる〉担当 岩波までお申し込みください。
メールアドレス :hikari☆tabaneru.com (☆を@に変えてご連絡を)
問い合わせ連絡先 :080-5545-2307
 
※こちらのイベントは終了いたしました。
[PR]
by hikari_tabaneru | 2016-12-01 23:53 | ・オプショナル企画


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
カテゴリ
・募集案内
・ワークショップレポート
・フォトギャラリー
・ゲストレクチャー
・オプショナル企画
・写真展
・写真集、本
・その他
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.