一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
そろそろまとめの時期
11月のセレクションを終わると、12月のワークショップはお休み。といってもオプショナル企画であるゲストレクチャーを予定していますが、1月からはまとめの時期になります。一冊のポートフォリオを作るためにベストセレクションをし、どういう展開で見せていくか、撮った、選んだ、だけでは終わらないのです。第三者に受け渡す(表現する)ためには見せ方も大事なのですね。

鈴木ゆりあさんの個展が決定しました!
「 跡 ~ trace out ~ 」
コダックフォトサロンにて
2007年2月28日(水)~3月6日(火)

ゆりあさんはなんと、まだ10代、18歳です。高校一年の時から〈光を束ねる〉参加し、卒業後も写真を続ける道を選択しました。写真ワークショップ〈光を束ねる〉では「チームゆりあ」を結成!展覧会を応援するメンバーを募集しています。詳しくは岩波までご連絡ください。よろしくお願いいたします。
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-11-11 23:31 | ・ワークショップレポート
次回11月のワークショップ
次回11月は6日、通常どうり午後7時より行います。
5月から始まったワークショップもそろそろまとめの段階に差し掛かってきました。写真を楽しんでいますか?
写真を撮る気分でない時には、写真を見る楽しみもどっぷり味わってみてください。
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-10-28 20:33 | ・ワークショップレポート
10月のフォトギャラリー
f0085757_17533593.jpg
     「翠煙」
f0085757_1834292.jpg
「夜の虹」 木村理絵
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-10-16 18:10 | ・フォトギャラリー
10月2日、それぞれの世界
セレクションも4回目ともなると、写真の中にその人が魅せられているもの、その人でないと撮れない世界がより感じられます。
大胆な構図で日常を切り取ったり、ユニークな視点で人物、動物、植物と向き合っていたり、日常のさりげない風景に味わいを感じ、見逃してしまう日常の中に美しさを見つけたり、透明感のある空気、写真でしか表現できない色彩であったり・・・。誰かの真似やカレンダーの写真ではないそれぞれの世界が見え隠れします。
たくさんの人の写真が見られることはワークショップの面白さですね。自分とは違う視点を体験することで自分の世界が広がったり、再認識することもあります。

この日はセレクションの後、暗室実習に参加した方のプリントを見ながら検証しました。


 
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-10-05 19:17 | ・ワークショップレポート
次回 10月2日のワークショップ
もう10月?早いですね。
10月2日は引き続きセレクションをしていきます。
暗室実習に参加された方、よかったらプリントをお持ちください。
よろしくお願いいたします。
秋は気候も良くなり、美味しい物も増えて誘惑も多いですが
カメラもお忘れなく!
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-09-29 03:40 | ・オプショナル企画
フォトギャラリー・9月
f0085757_195949.jpg
f0085757_1945528.jpg
f0085757_1943960.jpg

草花が静かに佇んでいて、ふと、強烈に飛び込んできます。それに応える楽しさを、写真が与えてくれています。 
池澤葉子
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-09-12 19:18 | ・フォトギャラリー
フォトギャラリー
f0085757_18562918.jpg
f0085757_18564395.jpg
星野 薫 「似たもの同士」
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-09-12 19:03 | ・フォトギャラリー
9月10日 暗室実習
オプショナル企画としてラボテイクさんで4名一組の暗室実習を行いました。4時間みっちりとほとんどマンツーマンに近い状態で作業していくことができます。テスト焼きから、フィルターを変えたり、焼きこんだり、部分的に白さを際立たせたりと色々な技法を試すこともでき、それぞれの人がイメージに近い1枚を求めて何度もプリントすることができました。

参加者からは「こんなにプリントで変化がつけられるなんて思っていなかった」と感想もありました。第2の撮影と言われる暗室作業がプロのアドバイスでできる貴重な機会だったと思います。

23日も予定しております。現在もう1名の参加者を募集中です。ご興味のある方是非岩波までご連絡ください。お待ちしております。
携帯:080-5545-2307
メール:hikaritabaneru@yahoo.co.jp
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-09-10 18:11 | ・オプショナル企画
ピンホール写真情報
 エドワード・レビソンン写真展 Heartgraphy
                 ~こころを巡る旅~

2006/9/19/から10/1 
会場   東京・四谷 ルーニィ・247フォトグラフィー
19日 オープニングレセプション

23日 ワークショップ(土)10:00~17:00
          ピンホールでポートレートに挑戦しよう!
カメラ作り、撮影、ネガ作り、プリント、鑑賞・要予約、有料
詳細はhttp://www.roonee.com

f0085757_17584619.jpg

[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-09-09 18:00 | ・写真展
ワークショップ 9月4日
9月4日はセレクションの3回目。
今期から参加された方も少しセレクションになれてきたころでしょうか?
今回、私も写真のセレクションをする機会があり、久々に写真の前に立ちドキドキとワクワクする気持ちを体験しました。たくさん並べられた写真の中から気になったものを選んで隣のボードに移動させ、そして『選んだものと選ばなかったものの違い』を考えてみます。「なんとなく」選んでいることをもう少し何故これだったのかと考えてみると無意識に選んでいることにもパターンや理由があることに(この文章を書いている)今更ながら気がつくことがあります。

また、選んだ写真をどう見せるか?
1枚づつ? 数枚組み合わせて? グループごとに? 組み合わせ方によって平凡な見え方をしたり、急に輝いてみえたりします。
自分の写真を選ぶ、他の人の写真を選ぶ、同じ写真を別の人が選ぶ、と言うことを通してひとりで眺めていた写真が違う表情を見せ、自分の選択の検証ができて面白いなといつもに増して実感しました。

秋は各所で展覧会が行われています。松本路子さんのブログにある「気になる展覧会の情報」も合わせてご覧ください。行かれた方、よかったら感想やオススメの展覧会などお知らせくださいね。
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-09-06 22:04 | ・ワークショップレポート


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.