一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
12月のゲストレクチャー、菅原一剛さん
12月に行われた菅原一剛さんのゲストレクチャーに多くの方のご参加頂きありがとうございました。「人前で話をするのは苦手」とおっしゃる菅原さんの静かな語り口は、写真に向き合う正直な姿が伝わり、心に響く言葉がたくさんありました。
オリジナルプリントの大切さ、デジタルの可能性、湿板写真について、普通でいること、写真の楽しさ、人を撮るということ等々、その他沢山の質問にも丁寧にお答えいただきました。私が印象に残ったのは、写真にうそをつかない、正直さ、という話。本当のものと、それっぽいものとの違い、頭ではわかっても、あいまいになりそうなその本物の軸を自分なりにしっかり持っていたいと思いました。(岩波)

f0085757_2285227.jpg







●参加された方々の感想を抜粋する形で紹介します。

●一剛さんのお話の中で一番印象的だったのは
「撮りたいものに出会った時にカメラを持っていなくてカメラのシャッターを実際に押せなかったとしても、その時心の中で切り取った映像はその後の自分の中になんらかしら残っている」というような話です。
あ、それならいつも私、歩きながらついやってしまっている事だ!って思ったとき、なんだか嬉しかったです。もしかして私、自分で思っているより写真がすきなのかも・・・と、考えたりしました。いざというとき、「地に足が着いてるかどうか」って言うのもとても参考になりました。
●とても素敵な方でお会いできて、本当に良い経験になりました。“光が肌にしみこむ”や“本物とニセモノの違い”菅原さんの言葉でとてもわかりやすくお話伺えました。菅原さんの物事の考え方、その伝え方がとても好きです。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
*菅原さんのオススメ映像・・・宮川 一夫:「羅生門」(黒沢明監督)「雨月物語」(溝口健二監督)など、日本映画の数々の傑作を撮影した名カメラマン。陰影にこだわった映像、光のとらえ方は、今見ても美しい。
*レクチャー中で紹介した「菅原一剛 湿板写真ドキュメント」(2000円+税)は作品展会場にて入手可能です。

■ "reed space."
 〒107-0062
 東京都港区南青山6-4-6青山アレー1F
 tel.&fax 03-6804-6973
 http://www.thereedspace.com/
★展示期間が延長されたようです!
 期間:2006/12/16/Sat~2007/1/31/Wed
f0085757_133592.jpg






写真は写真展DMイメージより
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2007-01-05 21:54 | ・ゲストレクチャー
菅原一剛作品展
菅原一剛さんの作品展
「あたたかいところ」-Made in the shade-
が下記のように開催されます。

ちょうどレクチャーの時期にもかさなっていますし、場所も近いので、ぜひ足をお運びください!

■ "reed space."
 〒107-0062
 東京都港区南青山6-4-6青山アレー1F
 tel.&fax 03-6804-6973
 http://www.thereedspace.com/

 期間:2006/12/16/Sat~2007/1/10/Wed


■LEVI'S VINTAGE CLOTHING
 〒107-0062
 東京都港区南青山5-2-11
 tel. 03-5774-8083
 http://www.lvc.jp/

 期間:2006/12/12/Tue~2007/3/12/Mon

また、公開ゲストレクチャー 菅原一剛さんに聞く「写真への想い」は若干席がございます。皆様のご参加をお待ちしております!

■日時 12月18日(月)午後7時から9時
■場所 ハート&カラー
       東京都港区南青山3-5-1 
       南青山O&Kビル4F
       Tel 03-5474-7810 
       Fax03-5474-2860
       http://www.heart-color.com
■参加費 1500円 (当日会場にて)
■定  員 40名
■コーディネーター 松本路子
■申し込み方法  完全予約制(先着順)
お名前とご連絡先(電話番号、メールアドレスをお持ちの方はアドレス)をご記入の上、メールにて下記までご連絡ください。
hikaritabaneru@yahoo.co.jp
*当日の場合は下記問い合わせ先までお電話でご連絡ください。

 ★写真家のご都合により日程の変更もありえますので必ずご連絡先をお知らせください。
■問い合わせ先:080-5545-2307(担当:岩波まで)

―岩波
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-12-14 02:42 | ・写真展
アニメ「蟲師」と菅原一剛さん
夜中に起きていてたまたま見てしまったアニメーション「蟲師」。
これがなんとも不思議な世界ですっかり、久々にアニメーションにはまってしまいました。http://www.mushishi.jp/
f0085757_2150976.jpg
その「蟲師」のオープニング・ディレクターをしていたのが菅原一剛さんだったのです。コンピューターグラフィックだとばかり思っていた映像は湿版写真を使ったものとのこと。まさに不思議な世界の扉にぴったりで異世界へ引き込まれる光を放っています。
ゲストレクチャーでは、この中で使われていた写真の映像集と撮影監督をされた映画「青い魚」についても紹介いただける予定です。写真というメデイアの過渡期である今、その方向性や可能性についても菅原さんの映像体験から見える想いを伺えそうです。お楽しみに!
―岩波
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-12-06 22:08 | ・ゲストレクチャー
ゲストレクチャーは12月18日になりました!!
 12月のゲストレクチャーは当初12月4日予定していましたが、都合により12月18日の開催となりました。改めてお知らせいたします。

年末の忙しい時と思いますが、当日は菅原さんの映像をDVDにて紹介いただけるとともに、実際に作品もお持ちいただける予定です。その繊細な表現を直接見て感じ、作家の声を聞くことができるなんてなんと贅沢な時間でしょう! 楽しみです。皆様のご参加お待ちしております。

■申し込み方法  完全予約制(先着順)
お名前とご連絡先(電話番号、メールアドレスをお持ちの方はアドレス)をご記入の上、メールにて下記までご連絡ください。
hikaritabaneru@yahoo.co.jp


 ★写真家のご都合により日程の変更もありえますので必ずご連絡先をお知らせください。
■問い合わせ先:080-5545-2307(担当:岩波まで)
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-11-24 18:04 | ・ゲストレクチャー
12月のゲストレクチャーは菅原一剛さんです!!
 多くの広告写真を手がけ、その一方「湿板写真」という技法をつかった作品をニューヨークで発表し、世界的な活躍をする菅原一剛さん。また、「ほぼ日刊イトイ新聞」の中の「写真がもっと好きになる。」http://www.1101.com/photograph/index.html では写真の魅力をわかりやすく伝えてくれます。映像を通して新しいコミュニケーションを模索し、丁寧に作り上げる「一枚の写真」にこだわる、菅原さんの写真への想いをうかがいます。

この回は公開講座でどなたでも参加が可能です。
皆様のご参加をお待ちしております!

■日時 12月18日(月)午後7時から9時
■場所 ハート&カラー
       東京都港区南青山3-5-1 
       南青山O&Kビル4F
       Tel 03-5474-7810 
       Fax03-5474-2860
       http://www.heart-color.com
■参加費 1500円 (当日会場にて)
■定  員 40名
■コーディネーター 松本路子
■申し込み方法  完全予約制(先着順)
お名前とご連絡先(電話番号、メールアドレスをお持ちの方はアドレス)をご記入の上、メールにて下記までご連絡ください。
hikaritabaneru@yahoo.co.jp


 ★写真家のご都合により日程の変更もありえますので必ずご連絡先をお知らせください。
■問い合わせ先:080-5545-2307(担当:岩波まで)
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-11-21 00:38 | ・ゲストレクチャー
11月のフォトギャラリー
f0085757_1824396.jpg
「笑うと負けよ、あっぷっぷ…」

f0085757_1823424.jpg
「見ててね、次よ!」 (サンパウロにて) /松本乃里子
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-11-17 18:09 | ・フォトギャラリー
そろそろまとめの時期
11月のセレクションを終わると、12月のワークショップはお休み。といってもオプショナル企画であるゲストレクチャーを予定していますが、1月からはまとめの時期になります。一冊のポートフォリオを作るためにベストセレクションをし、どういう展開で見せていくか、撮った、選んだ、だけでは終わらないのです。第三者に受け渡す(表現する)ためには見せ方も大事なのですね。

鈴木ゆりあさんの個展が決定しました!
「 跡 ~ trace out ~ 」
コダックフォトサロンにて
2007年2月28日(水)~3月6日(火)

ゆりあさんはなんと、まだ10代、18歳です。高校一年の時から〈光を束ねる〉参加し、卒業後も写真を続ける道を選択しました。写真ワークショップ〈光を束ねる〉では「チームゆりあ」を結成!展覧会を応援するメンバーを募集しています。詳しくは岩波までご連絡ください。よろしくお願いいたします。
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-11-11 23:31 | ・ワークショップレポート
次回11月のワークショップ
次回11月は6日、通常どうり午後7時より行います。
5月から始まったワークショップもそろそろまとめの段階に差し掛かってきました。写真を楽しんでいますか?
写真を撮る気分でない時には、写真を見る楽しみもどっぷり味わってみてください。
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-10-28 20:33 | ・ワークショップレポート
10月のフォトギャラリー
f0085757_17533593.jpg
     「翠煙」
f0085757_1834292.jpg
「夜の虹」 木村理絵
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-10-16 18:10 | ・フォトギャラリー
10月2日、それぞれの世界
セレクションも4回目ともなると、写真の中にその人が魅せられているもの、その人でないと撮れない世界がより感じられます。
大胆な構図で日常を切り取ったり、ユニークな視点で人物、動物、植物と向き合っていたり、日常のさりげない風景に味わいを感じ、見逃してしまう日常の中に美しさを見つけたり、透明感のある空気、写真でしか表現できない色彩であったり・・・。誰かの真似やカレンダーの写真ではないそれぞれの世界が見え隠れします。
たくさんの人の写真が見られることはワークショップの面白さですね。自分とは違う視点を体験することで自分の世界が広がったり、再認識することもあります。

この日はセレクションの後、暗室実習に参加した方のプリントを見ながら検証しました。


 
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2006-10-05 19:17 | ・ワークショップレポート


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.