一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
7月のフォトギャラリー
7月のワークショップでセレクションした中より池澤葉子さんと太田勇佑さんの作品


f0085757_1917573.jpg
f0085757_18533541.jpg
f0085757_1853494.jpg
f0085757_18542460.jpg
「Rin」
photograph by Yoko Ikezawa








f0085757_18464781.jpg
f0085757_184845.jpg
f0085757_18481860.jpg

photograph by Yusuke Ota
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2014-07-18 19:06 | ・フォトギャラリー
体験参加のご案内 『セレクションのマジック』
写真ワークショップ〈光を束ねる〉の初回はワークショップでどんなことをしていくのかという案内とともに、ナビゲーターである写真家松本路子の表現に関するレクチャーから始まります。

今回は「セレクションのマジック」~どう写真を選ぶか、写真が作品に変わる瞬間(とき)~と題して「選択」をテーマにお話しをうかがいます。

デジタルカメラの場合たくさんの枚数撮る事ができますが、選ぶのも難しくなり、選ぶ力がより必要になります。目に見える景色のどこを切り取るかというのも一つの選択。写真だけでなく、毎日沢山の選択を私たちしていますが無意識に選んでいることも多いのではないでしょうか。選ぶ感覚がアップするとよりいい写真が撮れたり、いい選択がよりよい人生につながるようにも思います。

ワークショップはセレクション「選ぶ」ということを繰り返しますが選ぶことで写真がどう変わるのでしょう。「選ぶ」センスは磨くことができるのでしょうか・・・。この回は参加を検討されている方の体験参加が可能です。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

【写真ワークショップ〈光を束ねる〉初回のご案内】

◆日時:5月12日(月)午後7時からハート&カラーにて
     (6時30分より入室可能)

◆場所:ハート&カラー
     東京都港区南青山3-7-9     
     地図:http://www.heart-color.com/heartcolor/access.html     
最寄り駅:千代田線・銀座線・半蔵門線「表参道」駅、銀座線「外苑前」駅

◆参加費:1,000円(当日受付にて)

◆内容:前半 松本路子レクチャー
     
『セレクションのマジック』
~どう写真を選ぶか・写真が作品に変わる瞬間(とき)~

   :後半 写真で自己紹介 

◆参加申込:事務局 岩波までメールにて事前にご予約ください。
      hikari@tabaneru.com

不明な点がございましたら事務局までご連絡ください。
ご参加お待ちしております。(事務局)
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2014-04-29 20:12 | ・募集案内
写真ワークショップ〈光を束ねる〉のパンフレット
毎年3つ折りの写真ワークショップ〈光を束ねる〉のパンフレットを作っています。都内の主に写真関係の場所に置かせてもらっているのですが、よく行くお店や友人の紹介で渋谷「ヒカリエ」8階にも置かせてもらいました。

久しぶりに行った銀座の「月光荘」、前に行ったのはもしかしたら10年前位でしょうか。最近はいろいろなところで「月光荘」オリジナルグッズを見かけるようになりました。そこにも少し表現つながりで置かせてもらっています。「置かせてください」と声をかける時ちょっとドキドキしますが、皆さん快く受け取ってくださって嬉しい限りです。

月光荘のサロンとしてできた「月のはなれ」というお酒が飲めて、音楽も楽しめる場所をおしえてもらいました。帰りに立ち寄ると、銀座の隠れ家のような、落ち着く場所。ハッシュドビーフ美味しかったです!

どんな人が写真ワークショップ〈光を束ねる〉のパンフレットを手にとってくれるのかしらと想像をめぐらし、写真表現ってなんだろう・・・面白そう、と思ってくれたらと思います。もし、パンフレットを手にできなくて、ご興味のある方には事務局からお送りしてますのでお知らせください。

現在若干名募集中!
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2014-04-27 07:27 | ・募集案内
ポートフォリオ発表会
遅まきながら3月に行われたポートフォリオ発表会について書いておかねば。
写真は今や誰でもいつでも、たくさん撮れる時代ですが、プリントして選び、選んだものをまとめるところまでやってみる人は少しすくなくなるのではないでしょうか?何枚も撮れるデジタルの場合、どれを残して何を捨てるのか。いくつもの選択があり、選ぶこと、捨てることは案外難しいことです。
このワークショップでやっているのは、選ぶこと、ポートフォリオを作ることで、それをどう第三者に見せるために構成していくかを体感していきます。

始めはバラバラしていた写真がひとつの物語をみせるようになり、説得力を持ってきます。それは、何年も写真をやっている人でも全くの初心者でも変わらず、ひとつの世界を作りあげることができます。例え迷いながらでも、その発表の場は皆さんが誇らしげで、よく松本路子さんが言う、「表現することが生きる力となると思う・・・」という言葉が浮かび、事務局冥利な一瞬でもあります。

発表の後、皆さんのポートフォリオに乾杯し、持ち寄りの美味しい食べ物と「プチフール」の特製サンドイッチとともに写真談義に花が咲きました。

2014年度参加者若干名募集中です!
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2014-04-22 00:44 | ・ワークショップレポート
2014年度 参加者募集!
現在5月12日から始まる2014年度写真ワークショップ〈光を束ねる〉の参加者メンバーを募集中です。

この写真ワークショップ〈光を束ねる〉は写真表現に必要な感性、視点、技術を磨く場です。単にきれいな写真の撮り方を教えるワークショップとはちょっと違っています。

同じ木を見ても、山を見ても、一人ひとりの見えている風景や捉え方はきっと違っています。あなたにしか撮れない世界を写真家松本路子をアドバイザーに探求していくワークショップです。はじめてデジカメを買ったのでという写真初心者の方も何年もあるいは何十年もカメラに精通しているがもっと自分らしい世界を作っていきたいと考えている方も一緒参加することができます。もちろんそれぞれの必要に応じた技術的なアドバイスも行なっていきます。
f0085757_14533127.jpg







期間/2014年5月~2015年3月
   全9回 (8月、12月休み)
   ☆5月12日スタート

日時/通常第2月曜日
    19~21時

場所/HEART&COLOR(南青山)
    地図
定員/15名(申込順)

参加費/¥56,000



*定員に達し次第、募集を終了いたします。
参加ご希望、お問い合わせは事務局の岩波までご連絡ください。
ワークショップ案内パンフ、申込書をお送りいたします。

mail:hikari☆tabaneru.com
(☆を@に変えてご連絡ください)
TEL: 080-5545-2307

ご参加お待ちしております。

*募集チラシに掲載している写真は2013年度参加者の作品
左上から時計回りにⓒ西方忠男,ⓒ宮沢ロミ,ⓒ田村幹夫,ⓒ高橋典子
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2014-03-09 08:19 | ・募集案内
ポートフォリオ発表会 
2014年も3月に入りました。早いですね。
2013年度のワークショップは5月から始まり、2014年の3月が最終回となり、この一年撮ってまとめた写真をポートフォリオにまとめて発表します。

表現は見てもらう人があって成り立つとも言えます。もし、写真に興味のある方、このワークショップに興味のある方がいらしたらぜひ見にいらしてください。この回は公開としてどなたの参加も可能です。

発表会の後、ワインで乾杯を予定しております。
お誘いあわせてお気軽にご参加ください!


■日時  3月10日(月) 19:00~21:30 (18:30より入室可能)
■場所  ハート&カラー
        東京都港区南青山3-7-9 (白い一軒家です)
        Tel 03-5474-7810  Fax03-5474-2860
        地図
■参加費 無料
■参加申込  事務局岩波までメールまたは電話にてご連絡ください。
          
 メール:hikari☆tabaneru.com (☆を@に変えて入力ください)
 電話:080-5545-2307

お待ちしております!
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2014-03-01 15:27 | ・募集案内
2014年2月のフォトギャラリー
セレクションした中から奥村恵子さんの作品

f0085757_23572990.jpg
f0085757_024529.jpg
f0085757_23582650.jpg
f0085757_23591037.jpg

photograph by Keiko Okumura
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2014-02-17 00:11 | ・フォトギャラリー
ベストセレクションの時期
5月からスタートした写真ワークショップもいよいよ終盤です。
1月、2月はベストセレクションの時期。これまで選んできた写真を1冊のポートフォリオにまとめる作業になります。

あるときテレビで人前でスピーチをすること、自分の言いたいことを相手に伝えるということは料理と似ているという話をしていました。
自分の冷蔵庫(頭の中)に何が入っているのか確認して、どんな手順で何を出していくのか。自分で食べるのではなくて誰かに食べて(聞いてもらう)ためにどんなところに気をつけたらいいのか・・・。という話を聞いて、ポートフォリオを作る作業も似ているなぁと感じました。表現するというのは第3者に渡すということでもあり、なるほど料理になぞらえると実感しやすい。

始めにどの写真を持ってくるか、全体の流れはどうか、最後に余韻を残して印象つける写真はどれか。伝えたいものが相手によりわかりやすく伝わる順番はどうか、量はちょうどいいか、繰り返し過ぎて胸焼けしていないか。

バラバラっと並んでいた写真が、似たような写真を削ぎ落とし、あるべき場所に収まり、全体のまとまりと流れを持って整然と並ぶと、味わいが増しぐっとこちらに迫って見えてよりその人らしさが見えてきます。
毎年同じように感じますがここはワークショップの醍醐味でもあります。

3月10日はポートフォリオ発表会。こちらは一般の方、興味のある方はどなたも参加可能です。
どんなポートフォリオが並ぶか、是非みなさん見にいらしてください。
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2014-02-12 01:35 | ・ワークショップレポート
ビバ!アマチュアスピリット!
12月13日に行われたオプショナル企画「金子隆一氏のフロアレクチャーでめぐる『植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ -写真で遊ぶ-』展の報告です。

まずは参加者の感想から一部を抜粋して紹介いたします。
・金子さんのトークに惹きつけられました。含蓄あるエピソードが聞けて有意義でした。

・今回展示できなかったというビビの写真は、写真集で見て知っていましたがとても魅力的で好きな作品です。展示になかったのは残念というしかありません。

・写真は近づいて見る、絵画は遠ざかって見るというお話は面白く思いました。近づいたり、五感をフルに働かせてもう1度見たいと思います。

・企画を立てられたご本人のお話と言うのは誠に貴重で楽しいものです。どの話も大変興味深かったです。
特に、植田さんのプリントの話は面白かったですね。子狐ね参上が東京駅ギャライーのものと別物と言うぐらい違っていたり、当日に梯子して見比べていたのでプリントの調子が違うなぁ??照明のせいかと思っていたのがオリジナルから違っていてご本人が気にもされていなかった話は本当に面白かったです。
f0085757_623316.jpg

f0085757_6194843.jpg

More
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-12-30 06:44 | ・ゲストレクチャー
『植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ-写真であそぶ-』展フロアレクチャー
写真ワークショップ〈光を束ねる〉では12月にメンバー以外の方も参加可能なオプショナル企画を開催しています。

今年生誕100年を迎え、いくつかの会場で作品展が開催されている植田正治。今世紀初頭のフランスの偉大なアマチュア写真家と紹介されるジャック・アンリ・ラルティーグ。撮ることを純粋に楽しんだこの2人の展覧会が東京都写真美術館で開催されています。
この展示の企画者である金子隆一氏に話を伺いながら会場をめぐるフロアレクチャー。そのあと、場所をアトリエに移して松本路子との対談も予定しています。生前、植田正治のもとを何度も訪れたという金子氏だけが知るエピソードなどもうかがえるのでは。貴重な機会ですのでぜひご参加ください。

●日 時: 12月13日(金) 午後7時~9時  受付はアトリエにて午後6時半より

●場 所: 1部  東京都写真美術館  3階展示室にてフロアレクチャー
       2部  1階創作室(アトリエ)にて対談    
      http://www.syabi.com
                
●参加費: 1,000円(当日受付にて)*展示入場料は別途各自負担となり、フロアレクチャー参加者には団体割引きが適応されます。

●募集定員: 23名(申し込み順)

●コーディネーター: 松本路子

●申込方法: 予約制 (定員になり次第締切)

参加ご希望の方は、お名前とご連絡先(電話番号、連絡のつくメールアドレス)を添えて、メールまたは電話にて下記までお申し込みください。折り返し詳細をご案内いたします。
★都合により日程の変更もありえますので、必ずご連絡先をお知らせください。

写真ワークショップ〈光を束ねる〉  担当 岩波久美子  
メールアドレス :hikari☆tabaneru.com  (☆は@に変えてください)
問い合わせ先 :080-5545-2307 

この企画はどなたもご参加いただけます。参加お申し込みを頂いた方へ折り返し当日の詳細をご案内しております。ご不明な点がございましたらお問い合わせください。
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-12-07 16:49 | ・オプショナル企画


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.