一瞬を切り取った 一枚の写真が わたしを物語る
「写真で表現する楽しさ、奥深さ」 「表現することとは?」を
自ら写真することによって探ってゆきたい。
表現することが生きる力になると思うから。
『植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ-写真であそぶ-』展フロアレクチャー
写真ワークショップ〈光を束ねる〉では12月にメンバー以外の方も参加可能なオプショナル企画を開催しています。

今年生誕100年を迎え、いくつかの会場で作品展が開催されている植田正治。今世紀初頭のフランスの偉大なアマチュア写真家と紹介されるジャック・アンリ・ラルティーグ。撮ることを純粋に楽しんだこの2人の展覧会が東京都写真美術館で開催されています。
この展示の企画者である金子隆一氏に話を伺いながら会場をめぐるフロアレクチャー。そのあと、場所をアトリエに移して松本路子との対談も予定しています。生前、植田正治のもとを何度も訪れたという金子氏だけが知るエピソードなどもうかがえるのでは。貴重な機会ですのでぜひご参加ください。

●日 時: 12月13日(金) 午後7時~9時  受付はアトリエにて午後6時半より

●場 所: 1部  東京都写真美術館  3階展示室にてフロアレクチャー
       2部  1階創作室(アトリエ)にて対談    
      http://www.syabi.com
                
●参加費: 1,000円(当日受付にて)*展示入場料は別途各自負担となり、フロアレクチャー参加者には団体割引きが適応されます。

●募集定員: 23名(申し込み順)

●コーディネーター: 松本路子

●申込方法: 予約制 (定員になり次第締切)

参加ご希望の方は、お名前とご連絡先(電話番号、連絡のつくメールアドレス)を添えて、メールまたは電話にて下記までお申し込みください。折り返し詳細をご案内いたします。
★都合により日程の変更もありえますので、必ずご連絡先をお知らせください。

写真ワークショップ〈光を束ねる〉  担当 岩波久美子  
メールアドレス :hikari☆tabaneru.com  (☆は@に変えてください)
問い合わせ先 :080-5545-2307 

この企画はどなたもご参加いただけます。参加お申し込みを頂いた方へ折り返し当日の詳細をご案内しております。ご不明な点がございましたらお問い合わせください。
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-12-07 16:49 | ・オプショナル企画
2013年 11月のフォトギャラリー
セレクションした中から比留間 慶さんの作品
f0085757_11573349.jpg
f0085757_1158045.jpg
f0085757_11582533.jpg
f0085757_11584248.jpg
f0085757_1159038.jpg
f0085757_11593752.jpg
photograph by Kei Hiruma

自分が何かを感じたらシャッターを切っています。このシリーズは、3年前からワークショップでセレクトしています。テーマを決めずに日々撮ったものが、どのような作品になるのかを試したくて始めました。
少し形が見えてきたように感じています。来春の発表会では、3年分で一つのポートフォリオにまとめたいです。 (比留間 慶)






  
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-11-24 12:05 | ・フォトギャラリー
パリフォトレポート その2
◉この日一番グッときたのは古い写真を扱ったギャラリー。
 Robert Hershkowitz Ltd
 Hans P.Kraus Jr.
 あともうひとつあったな...。

どこも写真初期なのではないかという1830〜1850年代のもののみが展示され、ただ古いだけでなく写真の力も凄かったんです。記録写真が多いのだろうけど、何かの設計者達の集合写真や、エジプトの遺跡と当時の人々、見たこともない遺跡(現存しているのか?)。道がアスファルトではなく、人の顔つきも何だか違う。植物も、空気感、そこでしか撮れなくて、おそらく今同じ場所に行っても撮れないのではないだろうかとい〝時〟のような写真の存在そのものを感じました。一番長居したと思います。

あともうひとつ忘れられない写真、ナチスの記録写真の一枚。少年が3枚綴りで撮影されたもの。詳しい状況はわからないのですが、今にも泣き出しそうなところを捉えた写真。

◉面白かったスペースが本屋さんのコーナー。こちらも世界の写真専門店から30店程が参加、
日本からはAKAAKA、AMANA、SUPER LABOなど。本屋さんコーナー、何と売れっ子写真家のサイン会がばしばし行われているんです。ソフィ・カル、川内倫子さんなど。本屋の中に名前が羅列してあるポスターはとあるお店のサイン会スケジュール。これがいろいろなお店で行われているので、お客さんの目つきもまた違ってました。
 
人気のあった本屋さんはHatje Cantz、 Actes Sud…。

日本の古い本を集めたパリの本屋さんもありました。確か、Tissato Nakaharaだったかな?あと国を忘れたのですがOnly Photographyという本屋さん、オーナーは外国の人だったけど、柳沢信や高梨豊など日本人の本ばかり扱ってました。

この日、4時間かけてやっと一通り回れました。面白かったのが、閉館と同時に写真を下ろし始め、展示の仕方を変更するギャラリーが多かったこと。初日だったこともありますが、やはり勝負かかってますもんね。

また報告します!(中野淳)
f0085757_0281174.jpg
f0085757_027171.jpg
f0085757_0284417.jpg
photograph by Jun Nakano
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-11-23 23:59 | ・その他
パリフォトレポート その1
昨年度までワークショップに参加していた中野淳さんが今パリに短期語学留学中。時折パリから届くメールからパリ生活の特別な時間と空気にこちらも刺激をうけています。

中野さんがパリフォトに行ってみるということで〈光を束ねる〉用にレポートをお願いしました。(事務局)

パリフォトって何?
パリ・フォト(Paris Photo)とは、毎年パリで開催される写真についての国際的なフェア。展覧会ではなく、写真作品・写真集等の販売を目的とする展示会(アートフェア)であり、ギャラリー、美術商、写真関係の出版社等が参加する。 -Wikipedia より
http://www.parisphoto.com/

f0085757_1736457.jpg

f0085757_17393265.jpg

photograph by Jun Nakano

会場ってどんな感じなんでしょう?
◉会場はグラン・パレ。福岡ドームとほぼ同じ広さ。
入場28€(こちらの学生証を見せたら半額に。チケットは事前にネット購入も可能)。

平日の午後行きましたが、チケット買うのに少し並びました。近くにいた女性は南仏から来たという60代くらいの女性。お客さんはいろんな年代の人がいたけれど、平均年齢は30〜50代といったところ。敷居はあんまり高くなく、普通っぽい人が多いです。
写真を購入している人、コレクター?は50代以上の大人が多い印象。(値段が値段ですからね)厚さ5センチ近くありそうな公式カタログも購入する人も多く、チケット購入時に最初からセット販売もされてました。

どんな写真の見せ方をしているの?
◉会場内は世界の写真ギャラリーが平米数でスペースを買い取り、各ギャラリーの目玉写真やイチオシアーティストの写真を展示しているようです。

照明、壁の色(白のところが多いけれどこだわるところはお金かけてた)、お客さんの動線など、各ギャラリーでこだわりがありました。見せ方もそれぞれで、世界観を作り込んでいるところ、シンプルに写真で勝負しているところ、あんまりピンとこないところなど(セレクションや見せ方の腕のみせどころですね)。

ギャラリーは私がざっと見たところでも世界の30都市はあったと思います。
パリ、ロンドン、ベルリン、東京、大阪、フランクフルト、ヘルシンキ、NY、ロサンゼルス、サンフランシスコ、バルセロナ、ヘルシンキ、リスボン、アムステルダム、ベニス、ブエノスアイレス、上海、モスコワ、タリン、コペンハーゲン、インドなど。

More
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-11-17 18:12 | ・その他
「世界一美しい本を作る男」見ましたか?
映画「世界一美しい本を作る男」-シュタイデルとの旅-を見てきました。名だたる作家や写真家が支持するドイツの小さな出版社。その創設者ゲルハルト・シュタイデルの仕事を追ったドキュメンタリー映画です。

映画の中で、写真家ジョエル・スタンフォードと写真集をつくる過程があり、コンセプトに合わせてサイズ、レイアウトを決め、紙を選び、表紙を作っていく細かなやり取りが収められています。まるで打ち合わせに同席させてもらっているようでとても面白い。作家の意図を汲み取り、知識と技術、こだわりとアイデアにより魅力的な写真集が生まれるところを見せてくれます。

他の仕事も同様かもしれませんが、いい仕事はその根底にある情熱と仕事の姿勢(哲学)が磁石のように才能を惹きつけ、化学反応をもたらして形になるのだと実感します。シュタイデルに影響を与えたヨーゼフ・ボイスについても知りたくなりました。あなたが本好き、写真好きな方ならお見逃しなく!

都内ではイメージフォーラムにて11月22日まで上映しています。(日程はご確認ください)

また、Stidel社のカタログもサイトから見ることができますよ。
(事務局)
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-11-04 03:28 | ・その他
2013年 10月のフォトギャラリー
セレクションした中から貞照尚孝さんの作品
f0085757_12401232.jpg
f0085757_12403487.jpg
f0085757_12411365.jpg
f0085757_12414055.jpg


「夏のお楽しみ」
photograph by Naotaka Teisho
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-10-28 12:49 | ・フォトギャラリー
松本路子「Les Femmes Artistes」展
10月、恵比寿でも松本路子さんの写真展が開催されます。

LIBRAIRIE6/シス書店で第22回企画として、松本路子「Les Femmes Artistes」展を10月5日(土)~10月27日(日)まで開催。シュルレアリストの作家を中心に女性アーティストのポートレイトを30点程展示。
こちらもお見逃しなく!
f0085757_14521226.jpg
Meret Oppenhiem,1985(C)Michiko Matsumoto

10月13日(日)に松本路子によるトークイベントを開催。
お申込みは03-6452-3345又はinfo@librairie6.comまで。
定員20名(先着順) 時間18時30分~(ギャラリー営業は18時まで)
料金¥1.000-(1ドリンク付) 場所LIBRAIRIE6
 

More
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-09-29 15:01 | ・写真展
◆松本路子写真展◆ 創造する女性たち
ワークショップのメンバーの一人、東久留米市で美味しいパンを作っている宮沢さんが松本路子さんの撮ったオノ・ヨーコのポートレートと出会い、この写真展の話が始まりました。どのポートレート作品にもアーティスト独自の世界が表れ、存在感と魅力に圧倒された宮沢さん、多くの方に見てもらいたいという思いから東久留米アートプロジェクトを立ち上げ、東久留米市で『創造する女性たち ~Portraits of Women Artists~』が実現の運びとなりました。

会場にはオノ・ヨーコをはじめ、草間弥生、ニキ・ド・サンファールなど女性アーティストのポートレート作品約25点が展示予定、入場は無料です。オリジナルプリントを見ることのできる貴重な機会でもあります。ぜひ足をお運びください。

■開催日時 2013年10月2日(水)~6日(日) 13:00~19:00
        会期中無休

■トークショー 10月5日(土) 14:00~16:00
        ※定員30名 要予約・先着順 ★参加費500円(珈琲付き)

■会場 成美教育文化会館 1Fギャラリー
東久留米市東本町8-14  TEL:042-471-6600
http://members.jcom.home.ne.jp/0940325101/seibi/

西武池袋線 東久留米駅北口より所沢方面へ徒歩4分

■主催 東久留米アートプロジェクト
■お問合せ・トークショー申込先 事務局:(プチフール内 担当:宮沢 ロミ)
TEL&FAX:042-474-0139
■後援 東久留米市
f0085757_18361955.jpg
DMより
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-09-25 19:50 | ・写真展
2013年 9月のフォトギャラリー part2
9月のワークショップよりセレクションした中から赤﨑綾美さんの作品

f0085757_18255735.jpg
f0085757_18264498.jpg

   photograph by Ayami Akazaki
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-09-17 18:21 | ・フォトギャラリー
2013年 9月のフォトギャラリー
9月のワークショップでセレクションした中より田村幹夫さんの作品

f0085757_20131491.jpg

f0085757_20134229.jpg

f0085757_2014121.jpg

f0085757_20142844.jpg

「ゆめが丘」
photograph by Mikio Tamura
[PR]
# by hikari_tabaneru | 2013-09-16 20:16 | ・フォトギャラリー


松本路子
プロフィール

写真家。人物ドキュメント、海外レポートなどで仕事を 始め、訪れた国は60数カ国にわたる。1980年代からは、 人物やアーティスト・ポートレイトを中心に作品を発表。 主な写真集に『肖像 ニューヨークの女たち』、『ニキ・ ド・サンファール』、『Portraits 女性アーティストの肖像』、 『DANCERS エロスの肖像』など。個展多数のほか、国の 内外の美術館に作品が収蔵されている。 フォト&エッセイ集に『晴れたらバラ日和』、『魂の布 モンスーンアジア12人の女性作家たち』『ヨーロッパ  バラの名前をめぐる旅』がある。
プロデュース
岩波久美子
数年間「光を束ねる」を参加者として経験し、 表現手段としての写真の面白さに魅了される。 現在はワークショップの事務局として企画を プロデュースする役目のほか、自らの作品制作も続行中。
© 2006-2010 Hikari wo Tabaneru. All rights reserved.